FC2ブログ

2019-10

石徹白(いとしろ)ピコ水力発電【Micro Hydropower】

石徹白へ平成の水車を見に行ってきました
大きな水車が 農業用水路で、勢い良く回っていました


 昭和30年までは、石徹白にも小水力発電所があり、
昼は製材所の動力に、夜は集落の電灯に電気を送っていた歴史があるそうです

飯島と一緒で、昔は各地で水力を有効利用していたんでしょう



 上掛け水車は出力が高いと言われますが、水を掛けるポイントも絶妙だし、
よく研究されている鉄製の水車でした

 バスケットが深い設計で、排水性の面で、どうしても水車後部にゴミが溜まる様子ですが、
ゴミの除去は、水車を止めて、安全にゴミを除去するのか想像したりしました。

 石徹白のゴミの種類は、木の枝とか、スコップ(上流工事に使った物かな?)
あと、コンビニ袋等が見受けられました  圧倒的に木の枝ですね
 このタイプの水車は、ゴミが流れて来ても、関係なくパワフルに回転する性能がある様です


 飯島で現在実験している水路では、やはり木の枝、肥料袋、草刈の草が大量に流れてきます
実験場所では、ゴミ除去装置で取水しているので、大きなゴミは、引っかからずに、そのまま
流れて行きますが、やはり取水面はブラシで時々掃除しています



石徹白の水車は、いい発電音を出していたので、常に500w程発電している様に感じました。
低周波も小さく耳障りも感じませんでした ハーモニックドライブで回転数を加速しているのかな?
皆様、ここは一見の価値ありですぞ!

IMGP2817.jpg IMGP2826.jpg IMGP2818.jpg
IMGP2819.jpg IMGP2843.jpg IMGP2820.jpg

                           IMGP2841.jpg
                              ライトが明るく点灯しています





石徹白を歩いて、すぐ上流の螺旋水車、今日は稼動していませんでした。ゴミが大量に詰まっている様に見えましたが
詳細はよく分かりません。 しかし、この螺旋の技術力は素晴らしい!

IMGP2833.jpg IMGP2836.jpg IMGP2824.jpg
 主水路から分水路へ水を流し、そこで発電しているらしいです

↓石徹白 螺旋水車の動画はこちらから↓
http://www.youtube.com/watch?v=rUy8kqoVcMo&feature=related
                                              
とにかくカッコイイ水車でした!!

by A君

↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
地域エネルギー研究会HPへ
関連記事

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://localenergy201203.blog.fc2.com/tb.php/18-532dbbfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

地域に生まれるエネルギーの輪の循環を創りたい

地域エネルギー研究会

Author:地域エネルギー研究会
日本一広い谷、信州伊那谷を中心に未来のエネルギーについて考える「地域エネルギー研究会いいじま」です Micro Hydropower

自然エネルギー信州ネット

Renewable Energy Shinshu-net

信州ネットHPへ

ミツバチの羽音と地球の回転

ミツバチの羽音と地球の回転バナー

ミツバチの羽音と地球の回転

持続可能を求める旅
私たちが切り開く未来のイメージ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
地域エネルギー (4)
木質バイオマス (11)
太陽光発電 (1)
小水力発電 (4)
ピコ水力発電 1kw以下 (11)
他市町村へ見学 (4)
風力発電 (0)
エコ 節電  (1)
グリーン熱 (0)
雑談の部屋 (10)
未分類 (1)
映画・講演会 (9)
イベント (1)

カウンター

2012.4.8設置

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
4619位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
361位
アクセスランキングを見る>>

緑のgoo

検索で環境保護

ぽちっと

再生可能エネルギー普及の一助になれば・・・

FaceBook

YouTube

実証実験中の1号機

飯島 ピコ発電機 水圧実験

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR