2012-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実証実験の準備(配管①)

実証実験の準備

 ハブダイナモ水車(2号機)の排水を、塩ビ管に繋げようとしています(凄い水量!)
   P1040743.jpg


 塩ビ管から水が流れ落ちています。取水状態は良好の様子
 2号機の上先端に着いているのは自転車LEDライトで、夜になると点灯し 辺りをライトアップ                                                          P1040531.jpg

                                               
塩ビ管を20m繋げた様子を、下から撮った写真
P1040739.jpg


 そして、塩ビ管をタンクへ繋ぎました。 無事お水が溜まりオーバーフローから お水がジャバジャバ!

                                                P1040770.jpg



 塩ビ管をタンクへ繋げる目的は、水から砂を抜きたくて、タンクの底に砂を沈ませて、上水を水車に使いたいからです。 底に溜まった砂は、タンクの下の排水口から、少量の水と一緒に川に捨てます
この辺りの川は、綺麗に見えても砂を大量に含んでいて 顔なんか洗うと砂が目に入ったりして大変 
 砂って、水の流速が早いと 砂の一粒〃がエネルギーを持ち ぶつかる物全てを丸くしていまう
削り取ってしまう という表現の方が分かり易いかな  そこへ水車などを置くと、水車が砂で削られて壊れてしまうらしいのです 。 ゴミとも闘い、砂とも闘うとです!


by A

↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
スポンサーサイト

テーマ:手づくりを楽しもう - ジャンル:趣味・実用

連載 実験4回目(計4回)

皆様 こんにちわ

 ピコ水力発電の実験を始めた時は 雲をつかむ様な状態からスタートしましたが
だんだん何が必要か見えてきました  ゴミとの戦いです!

 取水方法について、落差コウに細工をしてみました
中は内緒
P1040465.jpg








 
 ここで初登場の2号機 ちゃんと取水しているか分かる様に実験で使ってみました
2号機については、また別の機会に紹介しますが、自転車の2.4wハブダイナモを回して
発電させ、ライトを点灯させる事で、夜でも取水出来ているか試してみました

 実験開始は、2011年4月18日よりスタートし、3カ月間様子を見ました
台風の増水時以外は 順調に取水出来たので、この水で1号機を回してみる事を決めました

 次回からのブログ記事は、実験の次の段階、「実証実験シリーズ」をお楽しみに

 



P1040702.jpg



by A

↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ

テーマ:手づくりを楽しもう - ジャンル:趣味・実用

連載 実験3回目(計4回)

ピコ水力発電機 連載記事

 第3回 実験の中間発表会の日

カメラマン含め、大勢の方々にお集まり頂きました

第1回は回りませんでした
第2回は回ったけれど、ワット数は少ない
第3回目 今回の実験集会 出力は4W しかも30分で取水口が目詰まりして出力ダウン
結果は思わしくありませんでした

応援に来てくれた方々と記念撮影
P1040045.jpg

配管について、相当な配管抵抗があると指摘されました
P1030875.jpg


今回実験設置した場所は、前回と同じ水路で、落差コウの上から移動 その右下へ移しました
2010年5月2日8046

ライトは水力の明かり その奥にはピコ水力発電機 その左には 前回実験した落差コウ
前回の実験では、この落差コウの上に水力発電機を置きました 今回移動で1mは稼いだかな
2010年5月2日8043s


考察: 前回は開放電圧20v 今回は30v 前回より10v電圧が上がった
   今回発生した電力は、12vバッテリーシステムへ繋いで実験
   電圧の差が大きく バッテリーへ繋げると、水車の回転数がかなり落ちた

    取水について:取水した水を配管に通すと、取水箇所に「負圧」が発生するらしく
   ゴミが吸い寄せられる
    自分の構想としては自然流入で取水のつもりでしたが、強制吸引していると感じました
   その証拠に、配管をつなげなければ、何時間でも取水するのに、配管を繋げると
   わずか30分で取水箇所が目詰まり状態


    水を配管で引こうとすると、その水の流れで、空気も一緒に吸引されて、
   負圧が発生するみたいです(負圧とは、掃除機みたいに吸い寄せる力です)
   負圧を考慮した取水装置を考案しなければ、と 気が付く日でした

   
    今回、大勢の意見として、配管抵抗について、最低でも塩ビ管を使うべきとの事
   もっと出力を上げるべき とか もっと人々を巻き込むべき等 意見が出ました
   
   私の師匠の意見ですが、水路の中に水車を設置すると、ゴミが絡んで
   水車の回転が止まり、やがてダムみたいになって、物凄い量の水が溜まり
   手では撤去出来ない重さとなり 洪水が起こるそうです

    私も会社員なので、出社している間、後は頼んだという訳にはいきません
   私がいない間に問題が発生するはずで、油断してはならぬと思うのです

    
   「製作者は撤去の方法が分かるが、他の人は、それが分からないはず」


   私が安心して出社できる 水害の無い方式を考案する必要が出てきました



この夜は皆でお酒を美味しく飲みました  楽しかったよ



   
   
by A

↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

連載 ピコ水力発電 実験2回目(計4回)

ピコ水力発電の実験 連載記事です

実験2回目

 前回の実験をご覧になった皆様、前回はタービンが回りませんでした

 今回は、場所を変え、近くの用水路 落差が5mの場所で実験しました
結果から書くと、タービンは回りましたが、なんだか予想より弱々しい
その時の感想は、タービンが回って感動、しかし電圧が低くて残念

 取水方式は、前回と同じ、思いつき取水方式
5m上の落差コウから取水し、5m下の落差コウの上に水車を置いて実験







P1030886.jpg

取水方式は、前回と同じ、思いつき取水方式
5M上の落差コウから取水し、5m下の落差コウの上に水車を置いて実験

P1030885.jpg

しかし、実際には、落差コウの上に水車を置いた事により、蛇の鎌首みたいに持ち上がり
配管抵抗が相当ある状態になってしまった
P1030873.jpg

 次回の実験では、大勢人を呼んで、中間発表の予定 その前準備だったのですが
師匠と問題点について 真剣に話し合い中
P1030889.jpg

by A

↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ

テーマ:手づくりを楽しもう - ジャンル:趣味・実用

ピコ水力発電機と、独立型ソーラーの発電量比較

参考資料 「ソーラー」と「ピコ水力」 一日の発電量 比較


        発電出力   発電時間    一日の発電量 
            w       h         wh
独立型ソーラー 520      ×3 (※1)     =1560
    ピコ水力 100     ×20 (※2)    =2000 (2kw)


考察> 一日の発電量で比較すると、520ワットのソーラーよりも
     100ワットのピコ水力発電機の方が発電量が多くなります


  ※1)ソーラー日照時間基準は、1日3時間で計算するのが一般的です
     夜、雨、曇りでは発電しないが、地域によっても日照時間は違います
  ※2)水力発電効率は田んぼの時期に水量が減るので、
     24時間年間フル稼働は期待出来ませんよね!
     一日20時間で計算が望ましいと私は思います

         雨が降ればソーラーは発電しない
         晴れが続けば、水量が減り水力発電機は発電しない
         両者をハイブリッドで繋げば、効率の良い発電が期待出来ます
         発電量を安定させる為にも、ハイブリッド化をお勧めします

                   < ハイブリッド例 >
                    風力 + ソーラー
                   ピコ水力 + ソーラー

                       IMGP2891.jpg
                        写真は、実験中ハイブリッド電流計
                        インバーター供給電圧は55V



        追伸:電気を熱に変換すると、非常に効率が悪く、費用もかかります
        冬場は、薪などを燃やして暖を取った方が、効率が良い です!
        多分 自然エネルギーの電気では、夜のエアコンは動かせないでしょう

         by A君

↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
地域エネルギー研究会HPへ

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

水路実験1回目(計4回)

皆様こんにちわ

 水車1号機の製作過程の連載
2010年3月14日の事でした
思いつきの取水方法で、落差2mでの実験、、、回らない、、、出力0ワット
この時は、落差が少ないのと水が少ないと思い 実験を断念  また次回

今、この水力発電機を使って頂いている「M」さんも、この状態を横で見ていて
まさか、その後 この発電機を使って下さるとは この時思ってもみませんでした

適当に思いついた取水方法で取水 しかし、あまり水が取れませんでした
P1030855.jpg

水を掛けても水車が回らない写真、 心が折れそう 
P1030853.jpg

エネルギー不足解消への道のりは遠いでござる

by A


↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
地域エネルギー研究会HPへ

テーマ:手づくりを楽しもう - ジャンル:趣味・実用

民主主義は行動があって初めて機能する

 タイトルの言葉は、6/9の中馬清福さんの講演会での言葉です。

原発再稼動問題が急展開する中、私たちに何ができるのか考えさせられる会でした。
政治がよくないなら、あきらめてただ愚痴を言うのではなく、
異論があることを政治家に知らせよう。
選挙をしても二大政党のどちらにも、過半数の世論というものが反映されず、
少数政党の力では数の論理に負けてしまうなら、
政治家個々人に働きかけたらいい。
まず自分の選挙区の議員に手紙やメールで訴えよう。
原発に賛成する議員には異論を唱えよう。
署名やデモだってできる。
間違った方向に政治が進もうとしている時は、堂々と抵抗したらいい。
黙っていたら、白紙委任状を出したのと同じになってしまう。

この反原発の運動は、民主主義を機能させることの授業とも言える。
これは、沖縄、福島、TPPの問題へと繋がっていく。
だからこそ、今私達は踏ん張らなくてはいけない。


鎌仲さんも「ミツバチ」の時、エネルギーの変革には民主主義が鍵となるって
言ってましたね。新作「内部被ばくを生き抜く」を貫いていたのも
「これからは自分の頭で考え判断し、肝を据えてやっていくしかない」
という事のようだった気がします。


議員各人に働きかける運動は、いろんなサイトで行われているので、
興味のある方は、検索してみるといいかと思います。


(A君相棒 ゆ)








↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
地域エネルギー研究会HPへ              
                

土(ど)という集落で水力発電(富山県)

わずか一軒の限界集落で小水力発電に挑戦

この地は、「小水力を核とした脱温暖化の地域社会形成」プロジェクトの
研究フィールドの選定地区
(科学技術振興機構社会技術研究開発センターにおいて実施された研究プロジェクト)

IMGP2757.jpg IMGP2758.jpg IMGP2760.jpg IMGP2765.jpg IMGP2764.jpg 

 突然訪れたこの日の取材は、動いていませんでしたが、
研修生によると、いつも動いていますよとの事。
とても大きいので、圧倒されました


↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
地域エネルギー研究会HPへ

テーマ:地球温暖化防止 - ジャンル:福祉・ボランティア

講演会のお知らせ②

ドイツ在住ジャーナリストの田口理穂さんの講演会
『ドイツの原発は何故止まる~自然エネルギー政策の現状~』が
長野県松本市で開催されます。

ドイツ史上初の「市民による市民のための」電力供給会社を
誕生させるまでの奇跡を描いたドキュメンタリー
「シェーナウの想い」も上映されます。

現地を取材されている田口さんに、ドイツの現状について
生の情報を聞くことの出来る貴重な機会です。

日時:6/24(日)1:30~4:00頃 (開場1:00)
    1部 映画「シェーナウの想い」上映(60分)
    2部 田口理穂氏講演

場所:松本勤労福祉センター 第5会議室(3F)
参加費:500円
主催:田口理穂講演会実行委員会


田口理穂氏プロフィール
 ジャーナリスト、ドイツ語通訳。日本で新聞記者を経て、
1996年よりドイツ・ハノーバー在住。
州立ハノーバー大学で社会学修士号取得。
ドイツの環境政策や雇用問題、少子化対策、移民、生活事情など幅広く執筆。
エコツアーやテレビ番組のコーディネートも。
共著に「『お手本の国』のウソ」「ニッポンの評判」(ともに新潮新書)


(ゆ)





講演会のお知らせ①

6月9日(土)に、長野県飯田市にて
信濃毎日新聞の主筆である中馬清福さんの講演会が開催されます。
同新聞購読者には、コラム「考」の鋭い論説でおなじみの方です。

中馬f101c2b95db9948133d46a525535afdd

演題は「脱原発の道をどう築くか」

日時: 6/9(土) (開場午後1:00)
    1部 講演会   午後1:30~
    2部 学習・討論会 午後3:00~  

場所:飯田市鼎文化センター
参加費: 500円
主催: 脱原発・自然エネルギーへの転換を求める飯伊地域連絡会



(ゆ)






石徹白(いとしろ)ピコ水力発電【Micro Hydropower】

石徹白へ平成の水車を見に行ってきました
大きな水車が 農業用水路で、勢い良く回っていました


 昭和30年までは、石徹白にも小水力発電所があり、
昼は製材所の動力に、夜は集落の電灯に電気を送っていた歴史があるそうです

飯島と一緒で、昔は各地で水力を有効利用していたんでしょう



 上掛け水車は出力が高いと言われますが、水を掛けるポイントも絶妙だし、
よく研究されている鉄製の水車でした

 バスケットが深い設計で、排水性の面で、どうしても水車後部にゴミが溜まる様子ですが、
ゴミの除去は、水車を止めて、安全にゴミを除去するのか想像したりしました。

 石徹白のゴミの種類は、木の枝とか、スコップ(上流工事に使った物かな?)
あと、コンビニ袋等が見受けられました  圧倒的に木の枝ですね
 このタイプの水車は、ゴミが流れて来ても、関係なくパワフルに回転する性能がある様です


 飯島で現在実験している水路では、やはり木の枝、肥料袋、草刈の草が大量に流れてきます
実験場所では、ゴミ除去装置で取水しているので、大きなゴミは、引っかからずに、そのまま
流れて行きますが、やはり取水面はブラシで時々掃除しています



石徹白の水車は、いい発電音を出していたので、常に500w程発電している様に感じました。
低周波も小さく耳障りも感じませんでした ハーモニックドライブで回転数を加速しているのかな?
皆様、ここは一見の価値ありですぞ!

IMGP2817.jpg IMGP2826.jpg IMGP2818.jpg
IMGP2819.jpg IMGP2843.jpg IMGP2820.jpg

                           IMGP2841.jpg
                              ライトが明るく点灯しています





石徹白を歩いて、すぐ上流の螺旋水車、今日は稼動していませんでした。ゴミが大量に詰まっている様に見えましたが
詳細はよく分かりません。 しかし、この螺旋の技術力は素晴らしい!

IMGP2833.jpg IMGP2836.jpg IMGP2824.jpg
 主水路から分水路へ水を流し、そこで発電しているらしいです

↓石徹白 螺旋水車の動画はこちらから↓
http://www.youtube.com/watch?v=rUy8kqoVcMo&feature=related
                                              
とにかくカッコイイ水車でした!!

by A君

↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
地域エネルギー研究会HPへ

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

引き込み水路【Micro Hydropower】

引き込み水路
昨日お邪魔した
信州伊那谷某所の現場
建て舞の応援でした

その現場の『前で』の道路
道路を挟んだお向かいの水路に
水路のバイパスって言ったらいいか
『引き込み水路』って言ったら好いんですかね

鋼鉄製のグレーチングって呼ばれる
U字溝のフタのされた水路から
枝分かれした水路・・・
ほんの10メートルほど

画像の右上の辺りで
元のU字溝に戻ってるんです
歴史を感じる石垣と、水路に下りてく階段が1段

きっと昔は
ここで野菜を洗ったり
飲み水を得たり・・・

きっときっと生活に欠かせない『引き込み水路』だった事でしょう
茂みに隠れちゃってて、土台構は確認できませんでしたけど
もしかしたら、ここには水車が有ったのかも・・・

昔の事ですから
粉を挽いたり精米をしたりって
動力を得るのが目的だったでしょうけれど
今ならやっぱり、極小水力発電で自産自消のエネルギー作り・・・

っと
ふと考えてみれば、昔は電気なんかよりも
動力が直接得られれば良かったってか
そんなに電気は必要なかったってか・・・


こういった水路のバイパス?
引き込み水路が残ってる場所だと
水車の設置には何かと好都合

それなりに流量もあるみたいだし
下掛け水車を設置して水力発電機を設置したら
めちゃくちゃ面白そ~~ Byたっきー

↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
FaceBooKページの『いいね!』もお願いします

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

パーツ組み込み  Micro Hydropower

皆様こんにちは

 水車1号機の製作過程の連載

今回は、タービンを組み込んだ所の写真です

シャフトに、タービンと、自転車のスプロケットを固定し、ベアリングユニットで両端を支えて
タービンとスプロケットが一緒に回転する事で、タービンの回転力をモーターに伝えます

タービン室は、四方をアクリル板で塞いで、水の飛散を防いでいます。この頃は、アクリルが
綺麗なので、写真では見えずらいですが、水の飛散対策を施して、モーターに水が掛からない様に
製作してあります  アクリル板を使った理由は、中が見えて面白いと思ったからです


タービンとシャフトを連結してベアリングユニットで固定


モーターベースを搭載 

モーターベース搭載

 同じく自転車のパーツで、モーターに小さいスプロケットを取り付けます
ギヤ比は3:1で、タービンの回転数を3倍に増速します 
 現在、タービンが300回転位で回転していて、その3倍の900回転位でモーターは回転し
発電してくれています     写真は、チェーンを取り付ける前の状態です


それにしても、ここへ来て原発再稼動容認とは、、、困った人達ですばい!


・脱原発情報番組のご紹介
[ 番 組 名 ] キミたちの未来 僕たちの選択~時任三郎 世界エネルギーの旅~
[チャンネル] NHK総合
[ 放送日時 ] 2012年6月2日(土)午後4:45~午後5:30(45分)


鎌仲映画のご紹介
❤第33回企画 鎌仲ひとみ監督最新作「内部被ばくを生き抜く」上映会
  2012年6月3日(日)諏訪湖ハイツ=中3階 コンベンションホール
  上映開始時刻 10:00  13:30  17:00  
  参加費  大人1000円  中高生500円  (前売・当日の別ありません)
  ミニレクチャーと交流会もあります。詳しくは、チラシをご覧下さい。 




・デモ行進のご案内
日時:6月10日(日) 10時~12時
場所:駒ヶ根市役所 集合
行進終了後解散

【主 催】 さよなら原発上伊那の会
上伊那医療生活協同組合
【T E L 】 0265-79-8702


地域エネルギー研究会は、再生可能エネルギーを、これからも研究していきます
皆様の応援宜しくお願い致します

byA君



 



↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
地域エネルギー研究会HPへ

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

プロフィール

地域に生まれるエネルギーの輪の循環を創りたい

地域エネルギー研究会

Author:地域エネルギー研究会
日本一広い谷、信州伊那谷を中心に未来のエネルギーについて考える「地域エネルギー研究会いいじま」です Micro Hydropower

自然エネルギー信州ネット

Renewable Energy Shinshu-net

信州ネットHPへ

ミツバチの羽音と地球の回転

ミツバチの羽音と地球の回転バナー

ミツバチの羽音と地球の回転

持続可能を求める旅
私たちが切り開く未来のイメージ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
地域エネルギー (4)
木質バイオマス (11)
太陽光発電 (1)
小水力発電 (4)
ピコ水力発電 1kw以下 (11)
他市町村へ見学 (4)
風力発電 (0)
エコ 節電  (1)
グリーン熱 (0)
雑談の部屋 (10)
未分類 (1)
映画・講演会 (9)
イベント (1)

カウンター

2012.4.8設置

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5251位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
396位
アクセスランキングを見る>>

緑のgoo

検索で環境保護

ぽちっと

再生可能エネルギー普及の一助になれば・・・

FaceBook

YouTube

実証実験中の1号機

飯島 ピコ発電機 水圧実験

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。