2012-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピコ水力発電機の製作過程(本体フレーム) Micro Hydropower

皆様こんにちは、
時折 水車1号機の製作過程をアップしています
本体フレームの製作過程 切断し、穴を開け、長穴をヤスリで広げ、組立てています

 皆様のご指摘で、「溶接にすればどう?」と言われる事もありますが、試作は分解する事が
多いので、自分の場合、 試作=ネジです。 
P1030726.jpg P1030729.jpg P1030753.jpg


今まで、タービンや、モーターベースの製作過程をアップしてきましたが。これで、形が揃いました。

                P1030773.jpg

↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
地域エネルギー研究会HPへ
スポンサーサイト

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

里山の資源

毎月第4土曜日は理想の森プロジェクト伊那谷の定例作業日
里山再生のお手伝いを楽しみながらやってます

身近な里山を再生する事は
豊かな植生が再生し、様々な動植物が集まって
人にとっても楽しい、豊かな空間になります

草花を愛で、野鳥の鳴き声に癒され
山菜を・薪炭材を・肥料として腐葉土を・・・

少し前まで、食料も・エネルギーも・肥料なども・・・
外国からの輸入に殆どを依存する生活ではなく
身近な里山は、人間にとって糧を得る大切な場所の一つでした

風倒木立ち枯れちゃってマス
伐採中バイオマスに・・・
今月は松くい虫の被害を受けた赤松の除伐作業でした
この春、日本列島を駆け抜けた爆弾低気圧でなぎ倒された赤松
このまま放置したら、ちかい将来風倒木となってしまいそう・・・
そんな赤松の除伐&枝払い&玉切りが主な内容

若芽を萌えた木々の葉が深緑となりつつある初夏のフィールドで
仲間が集まって、ワイワイガヤガヤ・・・

風倒木が大小6本くらい・・・
立ち枯れの赤松を4本寝かして
なんとか当面危険なものは寝かす事ができました

そうは言ってもアップした写真の説明をしておきましょうか・・・^^;
左上から
【1枚目】
爆弾低気圧でなぎ倒されちゃった赤松の木々
広葉樹が主なので、そう多く有りませんけど
なぎ倒されちゃった森はひっちゃかめっちゃか

手入れされない山林の内部はこんな感じ・・・
放置された山林が各地に点在してますよね
何とかならんもんずらか・・・何とかしたいなぁ・・・

【2枚目】
立ち枯れて葉っぱの落ちた立派な赤松
根元の直径40センチっ樹高16メートルてところでしょうかね・・・
赤松も里山を構成する重要な樹種です

【3枚目】
材木屋さんの愛機ハスクバーナ346XP
ちょっと重いけれど、トルクフルで使いやすい!
シンダイワE1039sとあわせて、長年作業を共にする頼れる相棒です

【4枚目】
除伐した赤松は、木質バイオマス・・・ってか
薪ストーブの燃料として使ってもらいます
全部はとても持ち出せませんでしたが
メンバーの『Yさん』と材木屋さんの軽トラックと
合計2台を、有効利用することができました

赤松の薪がご入用の方がいらっしゃいましたら ご連絡下さいね~~
里山の環境向上に役立ちますし
薪などバイオマスとして使っていただければ、
エネルギーの地産地消につながります

Byたっきー

↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
FaceBooKページを作りました


随分長くなりました
恒例の伐採風景の動画を撮影してきました
お時間のある方は追記を開いてご覧下さい

里山の資源 »

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

映画 「第4の革命」 

少し前になりますが、「第4の革命 エネルギーデモクラシー」という
ドキュメンタリー映画を観てきました。
2010年公開のドイツ映画ですが、「本国で13万人を動員し、3.11後にTV放映され、
200万人が視聴。その翌月に閣議決定された『脱原発』に一定の影響を与えた」
という話を聞いて以来ずっと気になっていました。


第4の革命



内容は、再生可能エネルギーへシフトすべく、
世界中でさまざまな取り組みをしている人々を描いたものです。

ドイツを先進地へと導いた議員のシェーア氏をキーパーソンに、
デンマークの風力発電、スペインの太陽熱発電等大規模に進められる事業から、
デンマークのフォルケセンターの技術と
ユヌス氏のグラミン銀行の手法を組合わせてマリで進める活動まで
多角的に広がり、つながっていく世界が見えてきます。

地球環境のことを考えると、CO2削減も待ったなしで取り組むべき問題で、
先進地は、政治や経済に左右されない国の安全保障の観点からも
「脱化石燃料依存」を既に進めてきています。

家庭のエネルギー消費の大部分は、暖房・給湯等の熱利用です。
熱源の転換、コージェネ、断熱性強化を推進してエネルギー消費を削減し、
再生可能エネルギーの拡大を並行して進めることで、
エネルギーシフトが現実的なものになっています。

だからこそ言える、脱原発。




4/30にNHKでも『きみたちの未来 僕たちの選択』という番組が放映されましたね。
取り上げられたのは、3つの場所。

チェルノブイリ後、市民運営の電力会社を立ち上げたドイツのシェーナウ。
(ここの取り組みも『シェーナウの想い』という映画になってます。
 未視聴ですが、 人口2400人の町で電力を40%自給できるまでになった経緯は、
 飯島みたいな町で大いに参考になると思われます。)

そして自然エネルギー100%の島、デンマーク ロラン島。
40年前おこった原発誘致の話から論議を重ね、逆転の発想で風力発電を推進。

最後にフィンランドの核廃棄物最終処理場「オンカロ」。
原発の賛否という次元の話でなく、すでに行ってしまっていることへの責任論として
25万年保管するための地下施設の建設現場です。
(こちらも『1,000,000年の安全』という映画で話題になりましたね)



だんだん啓蒙される機会が増えてきた昨今ですが、
知恵にならない単なる知識は時として害になる、
なんて言われることもありますから、
何とか知恵にまで高めていきたいものです。
(ゆ)































↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ

テーマ:ドキュメンタリー映画 - ジャンル:映画

ソーチェーン

ソーチェーン
2台あるうちの一台
材木屋さんの愛機
Shindaiwa 1039s

何年一緒にいるか定かではありませんけど
シリアルナンバーが『2002540』って刻まれてますから
2002年製って事なんだと思います・・・

何回目になるでしょう・・・
今回、チェーンソーの要のパーツ
『ソーチェーン』を交換しました

手前が今までのソーチェーン
奥が新しいソーチェーン

新品のソーチェーンの刃と
長年活躍してくれた古い刃・・・

里山に踏み入れ
主に中径木の伐採や枝払い、玉切りや
だるまストーブの薪作りなどなど
いろんな場面で活躍してくれてます

1日作業する時には、最低一日4回目立てをしますから
長い事使ううちに、こんなんなっちゃいました・・・

薪など木質バイオマスを確保する際の
大切な道具って事で・・・

本日、5月の第4土曜日
理想の森プロジェクト伊那谷の定例作業日

春の爆弾低気圧によって吹き荒れた
強風によってなぎ倒された赤松の除伐作業などが中心です
Byたっきー

↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
FaceBooKページを作りました

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

Hybrid独立電源

太陽光と風力の独立電源確保工事のお手伝いにお邪魔してきました
っていっても、材木屋さんはとっても電気には疎い・・・
小さな部品のお届けと、電線を通す穴を開けただけですけどね

ソーラーパネル
南向きの屋根に新設された太陽光発電パネル
木製架台は何とニセアカシア・・・
メチャ水に強い木です

モニュメント
太陽光発電と風力発電のHybridモニュメント
太陽光発電は系統連携されて売電されてますけど
天辺の風力発電機は全くのオブジェと化してました

制御盤
室内に入って、制御盤です
詳しい事を聞き忘れましたが
右側に3つのメーター
風力発電・太陽光・バッテリー?

下に垂れてる電線の先に
ディープサイクルバッテリーって呼ばれる
蓄電池が置かれてます

既存のAC-DCインバーターが
調子がよくなくって
みんなで「ぅ~~ん・・・」^^;

LEDランプ
無事に点灯したLEDランプ
12Vの独立型です
みんなで「おぉぉ~~」

『万が一の災害や
不慮の停電などでも
停電することなく』


って事は、エネルギーの自給です
こうした装置があれば、もし原子力や化石燃料がなくなっても
最低限のエネルギーは賄うことができます

エネルギーが無くては暮らすことができません
大規模集中の発電所や化石燃料に頼り切った暮らしの脆さは
3.11の際に露わになりました

急に全てを切り替えるのは大変だけど
少しずつ・できる範囲で・・・

太陽光・小水力・風力・バイオマスなどを
上手に組み合わせ・・・足るを知る暮らしであるならば
これから起こるであろう、激動のエネルギー革命に備える事ができる

かも・・・byたっきー

最後にリンクを貼っておきます
暮らしのカフェ 自然エネルギープロジェクト

↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

安川発電所 (栃波市)富山県 

今回の取材は、富山県に水力発電見学旅行へ行った時の、最初に見つけた発電所です
長期連休時は、発電所を見に行こう!と夫婦で盛り上がり、取材旅行した時の記事です

富山県は、鎌仲ひとみ監督の出身地ですから、県の勢いある取り組みが根付いている感じです


取材場所:富山県栃波市
    IMGP2769.jpg    IMGP2773.jpg IMGP2774.jpg



特徴:農業用水を利用した発電所  今、話題の、「水利権」を上手く克服した事例
 IMGP2782.jpg IMGP2771.jpg IMGP2775.jpg


出力:最大出力640kw 最大使用水量4.0㎥/s 有効落差20.7m

運転開始年月日:s62年12月 

運営主体:庄川沿岸用水土地改良区連合

建設総工費:総工費9億8700万円

補助金:農水省補助事業  国50%県25%地元25%

発電目的:受益農家の負担軽減など、農業水利費の低減が目的

発電電力の利用方法:関西電力に売電

 区連合所有発電所:この他に、農水省補助事業で建設した示野発電所と
経産省の地域新エネルギー導入促進事業補助で建設した庄川合口発電所を持っている

取材考察:かんがい用水を使った事例として、Co2削減の為には、既に整備された用水路を利用した小水力発電に今後期待します。それにしても、庄川沿岸用水土地改良区連合の皆様には脱帽です

こういう事例を見ると、いいじまも どうずら?などと思ってしまいます


先輩方が作ってくれた用水路、そして今後 水力発電へと進化を遂げると予想しています
今年の7月から、再生可能エネルギーの固定価格買取制度がスタートしますね
出力は 640kwの事例でしたが、買取価格は25.2円 100kw未満なら、35円買取とも言われています
出力が高くなると、買取価格も安くなる見込みだそうです
100kw未満の発電所を数多く建設する事が、今回の法案にマッチするかもしれませんね


by A君


     IMGP2783.jpg        IMGP2781.jpg

↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
  

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

金環日食

金環日食
久しぶりにガサゴソとOLYMPUS PENを引っ張り出して撮影しました
2012年5月21日午前7時30分頃、信州伊那谷にて

専用のフィルターなんてものは無くって
溶接の面の遮光板×2枚重ね・・・^^;
機材のせいなのか、はたまたスキルの問題か?

カメラの性能を知っていれば
もっと鮮明な写真になったかもしれませんけど
なんとなくこんな感じかな?的な素人設定じゃ
こんなピンボケ写真になっちゃうって見本のようです・・・^^;

おまけにちゃんとした観察用のアイテムじゃなく
溶接の面じゃ無理があるのかもしれません

でも、溶接の面に付いてる遮光版ってのは
溶接作業の際に出る、強烈な光と紫外線をカットしてくれますから
まんざら使い方としては間違ってないんじゃって思うのは
所詮、素人の浅知恵ってヤツでしょうか・・・^^;

良い子の皆さんは真似しないで下さいね ・・・byたっきー

お天道様のチカラは偉大です

↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
FaceBooKページを作りました

テーマ:金環食・皆既食 - ジャンル:学問・文化・芸術

映画「内部被ばくを生き抜く」

5月26日に、富山で鎌仲ひとみ監督トークライブと
最新作「内部被ばくを生き抜く」上映会が開催されます。

内部被ばく 表



富山市フォルツァ総曲輪ライブホール 参加費1000円
トークライブ  13:00~14:30
映画上映会   14:40~16:00
 

なぜ富山の情報かと言うと、
GWに旅先の富山で
「ミツバチの羽音」のチケットどうですかと、
声をかけられたのがきっかけです。
私の上着につけているミツバチバッチを見て、声を掛けられたようでした。
富山でさまざまな活動をされている方で、なんだかすごい偶然です。
富山出身の鎌仲さんは、よく帰ってきてイベントに参加されているようで、
新作上映会のチラシをいただきました。

ちなみにこの映画、6/3に岡谷の諏訪湖ハイツでも上映会が行われるそうです。
詳しくはこちら



















↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ

テーマ:ドキュメンタリー映画 - ジャンル:映画

手紙・・・

この手紙は映画を見て頂いた方にお渡ししたお手紙です。ぜひ映画『ミツバチの羽音と地球の回転』を見て、これを読んで頂きたいという、僕の願いです

僕は福島生まれ、福島育ちの、信州飯島町在住の者です
五年前に信州に来るまでは、福島第一原発の30キロ圏内の南相馬市で陶器の窯元で弟子入りし学んでいました
(ちなみに津波では窯元は無事でしたが、悲しいですが、元住んでいた所は流されてしまいました)
なので、この手紙に出てくる 『真実』 とは、現にそこ原発周辺で普通にあったリアルなお話です

手紙
◇◆映画の後でお読み下さい◆◇

映画『ミツバチの羽音と地球の回転』はいかがでしたか。

僕は衝撃でした。
祝島では30年前から反原発を続け、今も島の豊かさを守り、そこに存在している。
かたや、福島は・・・・・

この際、報道などされていない、地元町民しか知らない真実を綴りたいと思います。
福島では40年ほど前、双葉町の海沿いが福島原発候補に選ばれました。祝島の様に双葉町でも当然のごとく反対派が出てきました。どうにも収拾がつかなくなり、推進派と反対派の町長選挙になりました。
そしたら反対派が勝ったのです。

一件落着するはずでしたが、そこで東京電力が手を回してきたのです。(祝島の様に)
当選した反対派の町長はカネで買われてしまったのです。その多額の補償金で、双葉町は夢を描き、改革を起こそうとします。しかし、それは失敗に終わってしまい、それどころか借金を抱えてしまうのです。そうすると東電はまたも甘い言葉で「もう一基作れば、またカネが入る」と。そんな風にして第一原発はアリ地獄にはまり、限られた土地に無理矢理、次から次へと4基も建設されていき、大きくなってしまったのです。
(3.11の津波にやられ、1号機から次から次へと4基すべて爆発したのは、このありえない立地条件も関係しているそうです)
それと同調して周辺の町も人々も原発財源によってお金だけは潤っていきました。(南相馬市の僕の師匠が、原発周辺の人には高い器が売れるんだよーと話していたのが重なりました。)

この様に、同じスタートだった祝島と福島(不思議と字も似ている)は数十年たった今、時代の先端を歩もうとしている祝島と、もう動物すら住めない原発周辺と、放射能汚染に苦しむ福島県。この両極端な現実は、3.11に地球の神様が教えてくれた判りやすい実在する真実なのではないでしょうか。

我々はこれまでモノの豊かさを求め、利便性の欲求にお金を使う、浪費型ライフスタイルから、自然への還元につながるお金(エネルギー)の使い方へ、転換していかねばならないと思います。そして、
そうしていく姿は、これから20~30年は続くであろう辛く厳しい福島に対する報いになる。福島を救えるのは、我々の価値基準の転換であると信じています。

福島の悲劇を無駄にしないためにも「何か」に変わらなければいけないのです。僕はこの1年。その「何か」をずーと問い但してきました。
その答えが「地域エネルギー」にあると感じ、腑に落ちたのです。

何か1つだけ使い方を変えてみて下さい。そしたらまた次に
何か見えてくると思います。
ちなみに僕は電気こたつをやめました。

長々となってしまいましたが、
この文章は映画と共に未来へのメッセージだと願います。

「未来」



皆さんに観て頂いた、映画『ミツバチの羽音と地球の回転』自主上映会開催から3ヶ月が経ちました。今日は自主上映会スタッフとして、一緒に活動してくれた友達の手紙を加筆も含めて、原文のまま紹介しました


5月5日に泊原発が停止し、日本は現在原発の稼動ゼロの日々となっています
3.11の福島第一原発の事故を受けて、原発に関する議論がある中
安易に原発に頼る事だけはしてほしくない・・・

一人ひとりの行動は小さいけれど、決してゼロじゃないし
一人ひとりの行動が、これからの国の未来を形作る・・・
そう思うんです

↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
地域エネルギー研究会HPへ
FaceBooKページを作りました


最後にYuoTubeからの動画をリンクしておきます
原発依存の町からの脱却をめざして~井戸川町長インタビュー(1)

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

庄川合口発電所 富山県

 今回取材に行ってきた所は、区会連合で発電所を運営している全国でも面白い事例です
発電目的がまた面白い、それは、「受益農家の負担軽減」なんだそうです。

今まで、水力発電の売電価格は、10円行かなかったらしいですが、再生可能エネルギー買取法案に
より、今年7月1日より、25.2円の固定価格買取が実現した様子です。嬉しいでしょうね! 


では、取材内容をご覧下さい


場所:庄川合口ダム [富山県](しょうがわごうぐち)
                [別名]舟戸ダム(ふなと) 登録有形文化財に指定されています
        IMGP2784.jpg IMGP2790.jpg



今回取材した発電所の内容:古いダムを利用して、新しい発電所を建設した。
        庄川合口発電所 IMGP2809.jpg



運営主体:「庄川沿岸用水土地改良区連合」 平成23年8月運転開始
     区で運営している全国でも珍しい発電所です
      IMGP2799.jpg  IMGP2808.jpg IMGP2807.jpg
 
最大出力570kw 最大使用水量6.5㎥/s 有効落差10.7m/総落差11.8m

建設総工費:総工費3億6300万円

補助金:総工費3億6300万円のうち半分は、経産省の地域新エネルギー導入促進事業補助。

発電目的:受益農家の負担軽減など

発電電力の利用方法:全量が北陸電力に売電

区連合所有発電所:この他に、農水省補助事業で建設した安川発電所、示野発電所を持っている。

取材考察: 震災後の稼動で、話題になりましたね。
      自分が知っている「ベトナム水車」の、でっかいバージョンですね。


今後の動向について、自分が思うに、地域でエネルギーを作り出し、収益がある事が一番だと思います
費用対効果を考えるのは、石油がある内だけだと思いますよ。 石油やウランは、将来ありません
効果の対照は、石油とウランですから、無くなる資源と比べては、普及が出来ないかと思います

自然エネルギーは、全国で、まだ研究段階です。 
研究への取り組みが、政策として必要な時期だと感じます。 

ご意見後感想をお聞かせ下さい
                 五十鈴川


↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
地域エネルギー研究会HPへ

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

更新 製糸落し(小水力発電の適地調査)

信州は伊那谷 アルプスから流れ落ちる水

前回のアップの更新です

落差30m以上ある製糸落し(天竜川への投捨て水路)

 IMGP2705.jpg

昭和初期まで小水力発電所があった場所。
今は面影を残しつつ、天竜川への投捨て水路として使われています。
                                              
                          IMGP2703.jpg
                         この砂防の上に立つと、足がすくみます

IMGP2701.jpg 
川の名盤にも「飯島町字発電所下」と明記有。

                                IMGP2204.jpg 
                      一時、土砂がえぐられていたが、
                      区会で直してくれました。
IMGP2739.jpg 
土砂崩れなどの危険で、その上にある我が家では、怖い思いをしました。水の浸食による同じ用な事例って、結構あるんです。水管の中を通して水を流す事が出来れば、などと思ってしまいます。 水管を通せるなら、それを水力発電にも使いたいです。水管は圧力管を使う事になります。

                               水圧鉄管サンプル写真
                               水圧鉄管イメージ






アルプスから天竜川へ、そして海へと永久循環を続ける「再生可能エネルギー」         
P1050367.jpg P1050370.jpg P1050372.jpg


P1050377.jpg IMGP2852.jpg IMGP2853.jpg
水圧鉄管を支えていたコンクリートでしょう。管の形に丸くなっています   そこから上を たがめてみると、取水場所跡地の方向を向いていました (たがめる、とは地方の方言で狙い覗くです)


IMGP2854.jpg IMGP2855.jpg IMGP2859.jpg
なにやら土に埋もれている場所を 少し手で掘ってみると丸く掘れるではありませんか!!間違いなく水圧鉄管の跡  
 歴史ロマンです



 私の家の場所が、昔、製糸工場だったそうで、発電した電力は、工場や精米の動力に使われていました
スキャン0004_convert_20120504210619
                     (「ふるさとの昔話 第2集」飯島町郷土研究会より)
 

若い女性が沢山働きに来ていて、今のお爺様達が若い頃は、夜這いに来たらしいですよ


 急角度の水圧鉄管が撮影されています
スキャン0005_convert_20120504210649
 旧発電所の写真 皆様のご先祖様が写っていませんか

長くなりましたが、以上の様な理由で、小水力に取り組めればと考えております

ご先祖様達に後押しされて、「地域エネルギー研究会いいじま」  頑張りましょう!!

次回は、製糸落しの水量を測る「三角堰(さんかくぜき)」について、再々更新でアップ予定です





にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
地域エネルギー研究会HPへ

テーマ:歴史 - ジャンル:政治・経済

蒼い空 友の呼ぶ声

久々の演劇です
主催:いいじま文化サロン

スキャン0001_convert_20120504141243


スキャン0002_convert_20120504141423

震災後、人との繋がりを大切にしていきたい

↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
地域エネルギー研究会HPへ

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

ヒノキの枝

先日、タッキーからおすそ分け頂いたヒノキの枝です
桧の枝

奥様のカマド用に、薪の長さへ刻んでみました
IMGP2860.jpg

夜になると、なにやら、光っています
IMGP2864.jpg

拡大してみると、樹液でした
IMGP2872.jpg
まだ、生きているのでしょうか、           ありがとう!
 まるで、宝石みたいで、綺麗ずら
(5/5)もうすぐ最後の原発が停止します


(5/6)
昨日発電を停止した北海道電力『泊原子力発電所』
これで日本は42年ぶりに原子力発電所の電気に頼らない
1日を迎え、緊張した空気が漂っています

原発が全停止した状態を乗り切れれば、原発に頼らなくても大丈夫
その次は、Co2を大量に排出する火力発電所の問題を何とかしてほしい
急には無理かもしれないですが、どうせ無くなる資源です
再生可能エネルギーにシフトする政策を期待します

 「地域エネルギー研究会いいじま」も出来る事から始めて行きましょね!

                                  by A君


↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
地域エネルギー研究会HPへ


テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

クドと七輪

竹の子のアク抜き
ゴールデンウィーク真っ只中
竹冠に旬と書いて筍(竹の子)

信州伊那谷の竹やぶで美味しそうな筍が
ニョキニョキと顔を出してます

昨日は東京に住んでいる、幼馴染の友達が
帰省に併せて、今朝実家の竹林で採ったって
竹の子を届けてくれました!おぉ~初物!!

それも、アク抜き用の粉糠(こぬか)もセットで・・・^^;
てなわけで早速下準備をして、アク抜き開始!!

昔から我が家にある『クド』(簡易式のかまど?)と『羽釜』を引っ張り出して
燃料は庭の手入れをしたときに出る梅やキィウィフルーツの枝葉など

水から茹で上げ、沸騰して約1時間
美味しそうな竹の子に茹で上がりました!!
自然に冷まして、味付けは本日女房殿がやってくれる事でしょう

燃料費ゼロ・もちろんカーボンフリーで
地球温暖化を促進する、余分な二酸化炭素も出しません
どんな竹の子料理に変身するのか楽しみ楽しみ~~^^:

バーベキュー
竹の子のアク抜きの後は
残りのオキ火と少しばかりの炭を足して
家族でバーベキューと洒落込みました

炭はじいちゃんが焼いてくれたもの
バーベキューコンロならぬ
五平餅用の七輪の登場です

コイツも我が家に大昔からあって
昔はコイツで五平餅を焼いて食べた記憶がありますよ・・・



奇しくも今日は5月5日・・・
こどもの日・・・端午の節句です
今日は5月5日・・・
40数年ぶりに、日本の原子力発電所が
全て停止するある意味歴史的な日な訳で・・・

原発の再稼動を推進する人・・・
脱原発を推進する人・・・
どちらも想いがあることかと思います

材木屋さんは現在
危険な原発は無いほうが好いと思ってます
かと言って、今まで生活や産業を支えるために
電力を供給してくれた発電所だということもまた確か・・・

ホントに難しいエネルギー問題・・・
すぐには結論が出る話じゃないとは思いますが
今日と云う日を機ととらえて

有限で環境に悪影響を与えるエネルギーから
無限で環境に影響を与えないエネルギーへの
転換を考える必要があるんじゃないでしょうか・・・

再生可能で循環していく・・・
今、私たちができることを・・・

Byたっきー

↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
 にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

Hybrid

オブジェ
信州伊那谷某所・・・
今日のところは某所って事で・・・^^;

太陽光発電パネルと
風車による風力発電機
樹木を模したオブジェ

Hybrid(ハイブリッド)発電装置を
見学してきました

あいにくの天気・・・
時折小雨・・・(太陽光発電には適しませんよね・・・^^;)
ほぼ無風・・・(前日は横風注意なんて高速道路に出てたのに・・・^^;)

お天道様が相手ですから
たまにはそんな日もありますよね・・・
化石燃料や大規模発電所ばかりに頼らない・・・

系統連結ではなく独立型電源・・・
スマートハウスなんて言葉が使われ始めてますが
万が一の際にも、最低限のエネルギーを得る方法を探るって
これからのエネルギーを考える上で大切な事なんだと思います

太陽光+風力
太陽光+水力
太陽光+バイオマス?

持続可能で再生可能なエネルギーを得るには
どうやら太陽光発電はとても有効な手段のようです
これから日本は・世界はどんなふうに変化するのか・・・

でも我の暮らしは
今・ここにあるわけで
持続可能・再生可能ってキーワードは
なるべく身近でリスクを減らすって事が大切なのかと


さて・・・これからどうなるのか
またまた楽しみが増えました
Byたっきー

↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

芽生え・・・

芽吹き
信州伊那谷は芽吹きの季節を向かえ
木々が萌黄色に彩り始めました
そんな我が家の庭先でも嬉しい芽生え

それが今日の写心・・・
ニョキニョキ~~^^:
うっれし~な~~嬉しいな~~

昨年の秋「遊ん場どきドキの森」で拾って撒いた
どんぐりの芽が出てきました

山の木々は
地球温暖化の原因と云われる二酸化炭素を吸収し
大切な水源を守り・海をも守ってくれる・・・

そんな大切な循環の
ちょっとしたお手伝い・・・


※遊ん場どきドキの森とは
里山再生プロジェクト「理想の森プロジェクト伊那谷」の
メインフィールドに付けられた愛称です


byたっきー

↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

水車の村 本郷

ここは信州の伊那谷 2つのアルプスに挟まれた、水が豊かな町です。

昭和中頃までの、本郷の水車マップです

地域の各地に、水車小屋が存在しています。高低差が200m程ある地形なので、各家で有効利用出来たと思われます。

それと、「屋号」の由来でしょうか、お店が沢山あり、旅館や、料理屋、一杯茶屋等もあったりで、かつて、ここが栄えた [歴史ロマン]を感じませんか

コピー ~ 本郷水車、昔の地図

この地図は、飯島町郷土研究会が聞取り調査で作成した地図と聞いております。
(『飯島町郷土誌 四』 飯島町郷土研究会 平成21年3月31日発行 より )


水車小屋のマークが沢山あります。構造改善(土地区画整備)で、全ての水車小屋が取り壊されて、今は残っていません。 

一昔前まで、地域の特徴を生かして、水車小屋が和多く存在した様です。水車小屋を建てる事が出来た家は、裕福であったと聞かされています。 養蚕の糸を巻く回転動力として、また、脱穀など、回転運動を上下往復運動に変えて利用していたのでしょう。 どなたか、その当時の写真を持っていれば、教えて下さい


↓↓ポチッと応援お願いします↓↓
にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
地域エネルギー研究会HPへ

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

«  | ホーム |  »

プロフィール

地域に生まれるエネルギーの輪の循環を創りたい

地域エネルギー研究会

Author:地域エネルギー研究会
日本一広い谷、信州伊那谷を中心に未来のエネルギーについて考える「地域エネルギー研究会いいじま」です Micro Hydropower

自然エネルギー信州ネット

Renewable Energy Shinshu-net

信州ネットHPへ

ミツバチの羽音と地球の回転

ミツバチの羽音と地球の回転バナー

ミツバチの羽音と地球の回転

持続可能を求める旅
私たちが切り開く未来のイメージ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
地域エネルギー (4)
木質バイオマス (11)
太陽光発電 (1)
小水力発電 (4)
ピコ水力発電 1kw以下 (11)
他市町村へ見学 (4)
風力発電 (0)
エコ 節電  (1)
グリーン熱 (0)
雑談の部屋 (10)
未分類 (1)
映画・講演会 (9)
イベント (1)

カウンター

2012.4.8設置

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5251位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
396位
アクセスランキングを見る>>

緑のgoo

検索で環境保護

ぽちっと

再生可能エネルギー普及の一助になれば・・・

FaceBook

YouTube

実証実験中の1号機

飯島 ピコ発電機 水圧実験

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。